読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福さん式実践記録!2人目妊活と妊娠生活がちょっぴり不安なママのためのブログ

福さん式の妊活で実際に第二子を妊娠するまでと、妊娠してから出産までの記録ブログ。育児をしながらの妊婦生活で起こりがちな肌荒れや便秘について。また、違いのわかりにくい葉酸サプリも実際に使って試してみた感想を書いていきます。

血液検査で甲状腺異常?!妊娠初期の一過性甲状腺機能亢進とは?!11週妊婦検診

f:id:xv_sunflower_vx:20170406113947j:plain
まだまだツワリでへろへろだった妊娠11週。
4週間ぶりの検診に行ってきました。

久しぶりのエコー♪
久しぶりに赤ちゃんの様子を見れる♪

ウキウキしながら行ったのですが、
前回の血液検査の結果で思わぬことを言われてしまいました∑(゚д゚)

それは甲状腺ホルモンの異常
甲状腺の値が基準値から外れていると、言われたのです。

第一子のときには血液検査なんてひっかかったこともなかったので
突然の言葉にびっくり!

でもどうやら、妊娠初期には珍しくないことのようで・・・?

ネットで調べてみると
同じように言われた人、異常と言われ心配になっている人の声がたくさんありました!

妊娠初期の一過性甲状腺機能亢進とは一体何なのか?!
胎児への影響はあるのか??
もし一過性でなく、後期になっても良くならなかったら・・・??

色々不安になって調べてみました~><

スポンサーリンク


妊娠初期にTSHが低値になるのはよくあること?!ツワリが重いとなりやすい!

結論から言うと、妊娠初期の甲状腺ホルモン異常は、比較的よくあることだそうです。

私の場合は、TSH(甲状腺刺激ホルモン)が低値であることを指摘されました。
f:id:xv_sunflower_vx:20170406100207j:plain
でもFT4は正常値の範囲だから、経過観察で問題ないよ~というのがお医者さんの見解で
FT4とTSHの項目に印をつけていただいたものです。

ちなみに、今まで気にしたこともなかったけどTSH(甲状腺刺激ホルモン)とFT3、FT4(甲状腺ホルモン)の正常値は以下の通り。

TSH : 0.34~4.04 μIU/ml

FT3 : 2.36~5.00 pg/ml

FT4 : 0.88~1.67 ng/ml

それぞれこの数値以上でも以下でも、甲状腺ホルモンの異常が疑われます。

妊娠初期によく見られる一過性甲状腺機能亢進は、
胎盤がつくるhCGというホルモンによって、甲状腺が刺激されるためと考えられているそうです。

hCGって、妊娠検査薬が反応するホルモンですね!
甲状腺を刺激する作用もあったんですね^^;

妊娠初期の甲状腺異常はこのhCGの影響である場合がほとんどで
後期になれば値も正常値に戻ることが大半だそうです。

この場合、母体にも赤ちゃんにも何の影響もないので安心してください、と、お医者さんにも言われました。

ちなみにこの一過性甲状腺機能亢進はツワリの重い人に現れやすいと言われているそうです。

確かに、私もツワリは重いほうですが・・・でも一人目のときのほうが大変なツワリだったけど
甲状腺異常を言われたのは今回が初めてです。。。

☆関連記事☆
www.hutarime-ninshin.comwww.hutarime-ninshin.comwww.hutarime-ninshin.com

もし一過性じゃなくてバセドウ病だったら?赤ちゃんは大丈夫??

ただ、たとえお医者さんに、今回は経過観察で大丈夫だから、また今後の血液検査の結果を見てみましょう、と言われても
え、ほんとに経過観察でいいの?
しかももし、次の血液検査でも値が悪かったら、どうなるの・・・?

心配事は尽きませんよね・・・><

だって「大半は一過性のもの」と言うことは
「一過性のものでない可能性も少しはある」ってことですよね・・・??

そう思うと不安は募る一方で
自分なりに色々調べてみました。

調べてわかったこととして
仮に今後の血液検査でもホルモンの数値が思わしくない場合、疑われる病気はバセドウ病です。

シンガーソングライターの絢香さんが、水嶋ヒロさんとの結婚会見で告白した病名なので
聞いたことはあるかと思います。

X JAPANYOSHIKIさんも患っていたそうで、決して珍しい病気ではありません。

主な症状としては、動悸・息切れですが、
体の震えや、精神的に不安定になるなど、人によって様々な症状が出るようです。

妊娠を機に発覚する人もやはりいるそうで
もともと20代30代の女性に多い病気ということもあり
バセドウ病の治療をしつつ妊娠・出産する例もたくさんあるとのこと。

もちろん本来は、薬での治療で症状が治まってからの妊娠が望ましい、とは言われているそうですが・・・

現在のところ、服薬が胎児に影響を与えたことは報告されていないそうで
それよりも治療していないままのホルモン値が持続すると、流産、早産、妊娠中毒症の危険性が増すと言われています。

妊娠後半に母親がバセドウ病だった場合
胎児の甲状腺が刺激されて出生直後に甲状腺機能亢進症を示すことがあるそうですが
その場合は産科、小児科での治療の元、母体から受け継いだ抗体が消失する生後3ヶ月頃までには完治できるものなので、そこまで深刻にならなくても大丈夫だそうです。
参照:妊娠と甲状腺の関係について | 保険医療機関 医療法人 野口病院 ホームページ

いずれにしろ、もし少しの投薬治療は必要になったとしても
医師の指示に従っていればきちんとコントロールできる病気だということです。
f:id:xv_sunflower_vx:20170407231539j:plain
ホルモンの異常だなんて言われると、突然すぎてびっくりしてしまいますが
まずはそんなに緊急で重大な事例ではないということがわかり、少し安心です。

もちろん心配な場合は、違う産院に聞いてみるか、専門医に行ってみる等のセカンドオピニオンも良いですし
インターネットで調べても知人に聞いてみても、良いと思います。
ようは自分自身で納得できれば。

私もお医者さんや看護師・助産師をしてる友人に色々と聞いてみて、
みんな口を揃えて「経過観察で大丈夫」と言ってくれたことでやっと少し安心できました。

ちなみに、個人的にはホルモンの異常って何か、控えた方が良い食べ物とかがあるイメージだったのですが
お医者さんに聞いてみたところ
特に控えるべき食べ物はない、とのこと。

大事なのは、バランスの良い食事を心がけることと
睡眠や休養もしっかり取って、ストレスをためないことだと言われました☆


また今後の血液検査の結果なども、ここで追ってご報告できればと思います^^

急にホルモン異常を言われて不安になってるプレママさん、きっとたくさんいるんだろうなと思います。

みんなで元気な赤ちゃんを産みましょうね♡

妊娠初期に必須の葉酸サプリについてはコチラ!
f:id:xv_sunflower_vx:20170227232517p:plain