福さん式実践記録!2人目妊活と妊娠生活がちょっぴり不安なママのためのブログ

2015年3月に息子(よっちゃん)を出産し、現在第二子妊娠中^^ 福さん式の妊活で実際に第二子を妊娠するまでと、妊娠してから出産までの記録ブログです。 育児をしながらの妊婦生活ならではの悩みと、お出かけ大好きな私が子連れで行ってみて良かったスポットをご紹介します! ☆趣味:バレーボール・合唱・書道・ドライブ ♡好きな有名人:竹下佳恵・林原めぐみ ☆職業:バリバリの正社員→憧れの音楽ホール職員を経て、出産を機に現在は専業主婦

チェックワンファスト以外でもフライング検査できる?!Pチェックやクリアブルーで試してみた結果!!

f:id:xv_sunflower_vx:20170212001416j:plain
妊活中の誰もが何度となくお世話になる妊娠検査薬。

本来は生理予定日1週間後から検査可能というものですが
少しでも早く妊娠を知りたい場合に人気なのが
チェックワンファストなどの「早期妊娠検査薬」ですね。

ただ、早期妊娠検査薬のほとんどは海外製で
唯一日本製のものが上記の「チェックワンファスト」です。
f:id:xv_sunflower_vx:20170212005154j:plain
海外製品はネットの通販で並行輸入しているものが購入できますが
ほとんどが個人のサイトであることや、発送までに日にちがかかることから
早期妊娠検査薬といえばチェックワンファスト、という感じではないでしょうか。

ただ、このチェックワンファストも、第一類医薬品に分類されているため
薬剤師さんのいる店舗
まずは製品についての説明を受けて
名前や住所などの個人情報を記入してから
の購入となります。
ちょっとハードルが、高いですよね~

妊娠をいち早く知るにはもちろん「チェックワンファスト」が最適だということは承知の上で
一般的な妊娠検査薬ではフライング検査できないのか?!
いつぐらいから陽性反応が出るのか!?

など、実際に私が試してみた結果を
2人目妊娠発覚エピソードとともにお伝えします!

スポンサーリンク


妊娠検査薬はいつから使える?!チェックワンファスト以外でフライング検査してみた結果!

妊活中、少しでも早く妊娠が知りたくて、多くの人がやってしまいがちな「フライング検査」
早期妊娠検査薬を使うことを指すだけでなく、
一般的な妊娠検査薬で、生理予定日1週間後よりも前に検査することを指す言葉ですね。

もちろん生理予定日から1週間待って正しく検査すればいいだけの話なんですけど
この時期の1週間がものすごく長い!ソワソワする!
私も何度となくフライング検査しました(´・∀・`)笑

しかも私が「チェックワンファスト」を使ったのは、最初の1回だけ。
だって、お高いし、面倒なんですもんつД`)

チェックワンファストの取り扱い店舗一覧はこちらで調べられますが
排卵日検査薬 妊娠診断補助試薬 取扱薬局 アラクス
個人的にはやっぱり、薬剤師のおじさんから、説明を受けて、個人情報を書いて、購入という流れが、けっこうハードル高かったです;∀;

2度目を買いに行こうかと思ったときに
「この人また買いに来たよ」って思われたら嫌だなとか、自意識過剰な考えが浮かんだりして^^;

それ以降は、普通に陳列棚に並んでいる妊娠検査薬を使用してきましたが
結局待ちきれず、フライング検査・・・

クチコミなどでよく感度が良いと言われている「クリアブルー」をはじめ
「チェックワン」「ピーチェック」「ドゥーテスト」など
様々な検査薬を使いました。

そしてフライング検査するたび
「クリアブルー フライング検査」とかで検索したりして笑

でも出てくるのは
「検査薬は正しく使いましょう」
とか
「フライング検査できるのはチェックワンファストだけです」
とかの答えで。

それはわかってるんだけどさあああああ!
なんて、思っていました(*´-∀-);

結論から言いますと
私が2人目を妊娠したときは
Pチェック」で生理予定日当日に目の錯覚ではないレベルの(笑)陽性反応が出ました。

試行錯誤の結果たどり着いたのは
排卵日さえ特定できていれば
一般的な妊娠検査薬でも生理予定日当日ぐらいから妊娠検査が出来る!という持論です。
あくまでも持論です。

というのも妊娠検査薬は、妊娠が成立すると分泌されるhCGというホルモンの濃度に反応して検査できるようになっていて
チェックワンファストなど早期妊娠検査薬の感度は25mIU/L
一般的な妊娠検査薬の感度は50mIU/Lとなっています。

調べてみたところhCGは
着床が成立すると(←生理予定日1週間前にあたるころ)分泌され始め、
生理予定日までに0.2mIU/Lから25~50mIU/Lまで増加し、
生理予定日から1週間かけて50~200mIU/Lまで上昇する、とのこと。

理論的には、生理予定日あたりには一般検査薬でも反応する50mIU/Lぐらい分泌されているのですね!

ただ、hCGが尿の中に排泄されるまでは3日ほどかかるそうです。
が、中には
「妊娠4週(生理予定日)での尿中hCGは50mIU/mlを超えるとされている」と書いているサイトもありました。

もちろん個人差があることですし
思っていた排卵日とズレていた!ということもありますので
一般的な妊娠検査薬は生理予定日1週間後からの使用となっているのですね。

逆に言うと私は、排卵日さえ特定できていれば
一般的な妊娠検査薬でも、くっきりとはいかなくても薄めの陽性ラインぐらい出るんじゃないかと信じ
使用をしてきました。
(単にチェックワンファストを購入するのが面倒だったという説もw)

なので使う検査薬はまちまちで
近くのドラックストアで安売りされてるのとかを見かけては買う、という感じでした^^;

結果として、「Pチェック」で生理予定日当日に出た陽性ラインがコチラ

やはり終了線ほど濃くはないですが
しっかりとラインは見えました。

ちなみに「クリアブルー」で同じく生理予定日当日に
うっす~~~ら陽性が出たこともあります。
そのときは残念ながらすぐ生理が来てしまい、化学流産でした。

この「うっすら」というのはほんとに、目の錯覚?!期待しすぎて幻覚?!というレベルで
思わず旦那さんに
「これってライン見える気がするのは私だけ?」って見せました笑。
旦那も「見える」と言ってたので、目の錯覚ではなかったと思います。

という訳で私が実際にフライング検査で陽性ラインを確認したのは「Pチェック」でしたが
理論上では
排卵日をきちんと特定できていれば
一般的な妊娠検査薬(おそらくどれでも)生理予定日当日ぐらいから陽性反応は出る

というのが、私の勝手な持論です。

スポンサーリンク


福さん式で排卵日を特定すると、妊娠検査薬も使いやすい!私の2人目妊娠発覚エピソード

さて、先ほどから何度も
排卵日さえ特定できれば」と書いていますが
私が排卵日を特定するために実践していたのが福さん式と言われる方法です。
www.hutarime-ninshin.com
ざっくり言うと、自分で内診をして子宮口の状態を確認します。

排卵日が特定できると
仲良しのタイミングが取れるようになることはもちろん
上記のようなフライング検査もしやすくなります

逆に言うと、一般検査薬を生理予定日当日に使うほどのフライングは
福さん式で排卵日を特定できていたからこそ出来たことかなと思います。

福さん式を実践してみて、最初こそわかりにくかったものの
慣れてくると、オリモノや子宮口の状態で
「この日に排卵した」という確信が持てるようになっていました。

ちなみに、妊娠確定後に病院で出産予定日を教えてもらいますが
自分自身が福さん式で「この日だ」と思っていた排卵日と
病院から言われた排卵日も一日もズレずにピッタリ一致したので
本当に正確に特定できていたんだな、と改めて思いましたヨ☆

スポンサーリンク



私がいつも参考にしている赤ちゃん待ちブログランキングはコチラ