読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福さん式実践記録!2人目妊活と妊娠生活がちょっぴり不安なママのためのブログ

福さん式の妊活で実際に第二子を妊娠するまでと、妊娠してから出産までの記録ブログ。育児をしながらの妊婦生活で起こりがちな肌荒れや便秘について。また、違いのわかりにくい葉酸サプリも実際に使って試してみた感想を書いていきます。

カーレーターが話題の須磨浦山上遊園は子供とのハイキングにも超おススメ!

スポンサーリンク



最近テレビなどでも紹介され
その「乗り心地の悪さ」が有名という珍しい乗り物「カーレーター」。

神戸市須磨区の、須磨浦山上遊園という場所にあります。

山陽電車の「須磨浦公園駅」を降りてすぐでアクセスの良さは抜群!
迷いようもないぐらい駅のすぐそばにロープウェイ乗り場があり、
そのロープウェイで行った先に、噂のカーレーターがあります。

しかもこの須磨浦山上遊園
「カーレーター」にばかり注目が集まりがちですが
実は子供連れで一日楽しめるおすすめスポットです☆

登山ほどしんどくないぐらいの、ハイキングを楽しむにもうってつけ
昭和レトロな室内遊具もあり
回転展望台という、これまた珍しいスポットもあり
山上の公園には遊具や乗り物
バーベキュー広場に噴水まで!夏場ならちょっとした水遊びも楽しめます^^

我が家は息子が1歳を過ぎた頃から
何度となく遊びに出かけているお気に入りスポットです♪

季節ごとにイベントも開催されていて
今はちょうど、梅まつり2017も開催中☆

子どもも楽しめる「須磨浦山上遊園」について
その魅力をご紹介します^^

スポンサーリンク


ブラタモリにも登場?!日本で唯一の乗り物「カーレーター」を体験せよ!

ここ最近、関西ローカルの番組で時々紹介されている、須磨浦山上遊園のカーレーター。
2017年2月、ついにNHKの番組「ブラタモリ」で
あのタモリさんがカーレーターに乗られたようです!!
www.nhk.or.jp
この緑のカゴのような乗り物!
これぞまさに、カーレーターですね!

この「カーレーター」は車の「カー」と、「エスカレーター」を組み合わせた造語だそうで
「山の斜面を、ベルトコンベアを使って人を運ぶ登山用交通機関である」とされています。

従来のベルトコンベアやエスカレーターと違って、
途中で速度の変化するベルトコンベアによる人の輸送方法として
1960年頃にベルトコンベア製造会社である日本コンベヤにより開発され
この須磨浦山上遊園と、琵琶湖バレイの2箇所に導入されました。


しかし大掛かりな装置の割に輸送能力がリフトと変わらない、
乗り心地も悪い、
大掛かり故に莫大なメンテ費用がかかる
などの欠点により、この2ヶ所以外には普及しませんでした。

しかも琵琶湖バレイは昭和50年でカーレータを廃止し、ゴンドラリフトに。

という訳で現在カーレーターに乗れるのは日本中、世界中でもこの須磨浦山上遊園だけ!なのです!!

まず、須磨浦山上遊園の情報ですが
入園料自体は大人も子どもも無料です☆

全体像はこんな感じ!
f:id:xv_sunflower_vx:20170214135939p:plain
かなり広い施設です!

アクセス方法は山電の「須磨浦公園駅」もしくは、須磨浦公園駅前ロータリー西側に神戸市営須磨浦公園駐車場(約200台収容、有料)があります。

国道2号線沿いにありますので車で行ってもわかりやすく、
しかもこのあたりの国道2号線は海のすぐ側を、電車と並行して走っているので
ドライブしながら行くのもすごく楽しいです^^

須磨浦公園駅」から、まずは
須磨浦ロープウェイに乗ると
東部展望台に着きます。

そこからいよいよ、噂のカーレーターに乗れます!
カーレーターを降りると、回転展望閣に着きます。

さらに観光リフトに乗った先に
山上の公園がある、といった流れです☆

それぞれの乗り物には料金がかかりますが
乗り物に乗らずにすべてハイキングで行くことも可能!

ただ、すべてを徒歩で行くのはなかなか、大変です。
特に下のほうは階段だらけでしんどいです;

おすすめの方法としては「往復割引回遊券」というものがあります!
f:id:xv_sunflower_vx:20170214141304j:plain
参照:須磨浦山上遊園 | 営業時間・料金
全部乗り物に乗って進むつもりならAコースですが
観光リフトに1人で乗れるのは3歳から!
3歳未満は、抱っこベルトを貸していただけますが・・・

私たちは「カーレーター」にさえ乗れれば満足だったので(笑)
Bコースの往復割引回遊券にして
観光リフトの部分はハイキングで行きました^^

このハイキングコースなら、徒歩10分~15分ほど!
途中、息子はパパの抱っこになりましたので
1歳児が1人で全部歩くのはちょっと厳しいですが

それでも子どもと楽しめるちょっとした山道
という感じで
小さい子でも楽しめるハイキングコースですよ♪

ちなみに、ベビーカーは麓の須磨浦公園駅に置いていくことをおすすめします!
一応ロープウェイやカーレーターには、折りたたんだらベビーカーも乗せれるそうですが
リフトにはもちろん乗せられないし
ハイキングコースでベビーカーは厳しいし
山上の公園も階段が多いので、ベビーカーはあまり使えません。

山上まで行かずに、展望台などを楽しむだけの場合には持っていってもいいかもしれませんね^^
須磨浦公園駅にはちゃんとベビーカー置き場があり
係りの方が預かって番号札と交換してくれるので安心です♡

という訳で、前置きが長くなりましたが
Bコースの往復割引回遊券を購入し
ベビーカーは駅で預けていざ出発です!

まずは須磨浦ロープウェイ
30人乗りで、一般的なロープウェイという感じ。
時間にして約3分ほどですが
後方に広がる景色が絶景です!!
f:id:xv_sunflower_vx:20170214142737j:plain
参照:須磨浦山上遊園 | 施設・乗り物
須磨の海を一望!
さらに右手には明石海峡大橋も見えますよ*゚。+(n´v`n)+。゚*

1歳の息子も「うみ!うみ!」とおおはしゃぎでした♡

ロープウェイを降りたところにある展望台も、なかなかのビュースポット☆
西は明石海峡よりさらに向こうの方まで
東も大阪ぐらいまで?見えそうな勢いです。

これは夜景も綺麗そう!だけど基本的に営業時間は夏場でも18時まで^^;
イベントのときだけ、20時や21時まで営業している日があるみたいです。

さて、いよいよお待ちかねのカーレーター!
f:id:xv_sunflower_vx:20170214143334j:plain
参照:須磨浦山上遊園 | カーレーター
乗り場に到着です!
f:id:xv_sunflower_vx:20170213010507j:plain
なぜかプーさんがいますけど・・・笑
謎の乗り物に緊張気味の私&息子ですw

いざ乗り込むと
f:id:xv_sunflower_vx:20170213010603j:plain
いきなりのガタガタガタっっ!!!
おお~これは確かに、乗り心地わる~い!と、謎の感動ww

緑のカゴに揺られて、なんだか収穫されたミカンにでもなった気分です^^;
ちなみにベルトとかもないのですが
さすがの息子もビビッて、暴れたりはしなかったのでそういう意味で危なくはなかったです笑

確かに最初はなかなか揺れましたが
傾斜の軌道にさえ乗ってしまえば、意外とスムーズ!

最後はまたカーブで揺れますが
二度と乗りたくない!というほどでは全然なくて
ちょっとしたアトラクションのようで楽しかったですよ^^

ちなみに、こちらのカーレーター
妊婦さんは乗車禁止!だそうです!
これに乗った当時は、私ももちろんまだ妊婦ではありませんでした☆

まぁ、けっこう揺れますし
何かあっても責任持てないし・・・といったところでしょうね^^;

公式HPには

振動がありますので、体調の優れないお客さま、
また、妊婦の方は平行してあるハイキングコースをご利用ください。

とあります笑。
正直でいいんですけど、
体調の優れない人や妊婦にハイキングコースを勧める乗り物って、ある意味スゴイww

カーレーターの乗車時間は約2分半。
妊婦さんじゃない方はぜひ、一度乗ってみる価値ありのおもしろい乗り物です(d゚ω゚d)

スポンサーリンク


園内は子供も一緒に楽しめる昭和レトロな施設がたくさん!!梅まつり2017も開催中☆

初めて須磨浦山上遊園に行ったときは
完全にこのカーレーターが目当てでしたが
園内には意外にも(失礼w)楽しい施設がいっぱいありました!

まず、カーレーターを降りたところにある「回転展望閣」
1階には軽食を持ち込んで食べられるスペースと
なぜかジュークボックスが・・・^^;

旦那がおもしろがって曲を流しましたが
息子はビビッて大泣きしました笑

私たちもここで持参したパンを食べました(*^ω^*)

そして2階にゲームコーナー!
キッズコーナーや授乳室もあるのですが
何といっても置いてあるゲームがすべて昭和!レトロ!

インベーダーゲームが流行当時のテーブルゲームのまま、ありました。。。
f:id:xv_sunflower_vx:20170213010504j:plain
これはもはや、じいちゃんばあちゃんと来ても懐かしく楽しめる場所かもしれません∑d(゚ェ゚d )

一番おもしろいのは3階の回転喫茶「コスモス
なんとターンテーブルにより、
床が360度、所要約45分でゆっくりと回転しているのです!!
床が回転って!!

確かに3階に着くと、部屋が、回っている・・・!!!

入り口のところに入場料の100円を入れて入るシステムでした。

ソフトドリンクだけでなく、ビールやワイン
軽食にデザートまで色々ありました!

ここで景色を見ながらご飯も良さそうですね~^^

そんなこんなで思いのほか「回転展望閣」を満喫しました笑

そして私たちはリフトには乗らず
リフト乗り場の右手から続くハイキングコースへ☆

楽しく歩ける程度の山道をハイキングしていると旦那が
「なんかここ、歩いたことあるな」と。
実は六甲全山縦走のルートになっている道みたいです!
(旦那は登山好き)

歩いていくうちに
旗振茶屋や
旗振毘沙門堂も通過し
日時計と青葉の笛広場に到着。
f:id:xv_sunflower_vx:20170214145638j:plain
参照:須磨浦山上遊園 | 日時計と青葉の笛広場
ここもまた景色が綺麗ですね!

日時計を過ぎると、サイクルモノレールに到着です☆
パパに抱っこされた息子は途中で寝てしまったので
モノレールの下にあるベンチでしばし休憩・・・(´ー`)

息子が起きてから
チビッコ広場、ふんすいランド、ミニカーランドと楽しみました!

チビッコ広場は遊具もいっぱい*゚。+(n´v`n)+。゚*
f:id:xv_sunflower_vx:20170215023047j:plain
参照:須磨浦山上遊園 | チビッコ広場
子どもたちで賑わっていました^^

この写真は2016年の夏に行ったときのものなので
ふんすいランドにある水場で水遊びしたのと
f:id:xv_sunflower_vx:20170213010515j:plain
奥に見えるふんすいランドでは、アクアチューブもありましたよ☆
f:id:xv_sunflower_vx:20170213010509j:plain

ミニカーランドはこれまた昭和のにおいがします笑
f:id:xv_sunflower_vx:20170215023951j:plain
参照:須磨浦山上遊園 | ミニカーランド


すべての施設に言えることですが
何といっても景色がいいし
お天気の日の遊び場として最高ですヽ(*・ω・*)ノ

アクセス方法も実は、須磨浦公園駅から以外に
JRの塩屋駅から山上の公園に出るルートもあり
ちょっとした登山も楽しめます。

旦那はよく、息子と一緒に塩屋からのルートを行っていて
子連れでも行ける程よい登山道だそうです☆

意外にもいろんな楽しみ方のできる須磨浦山上遊園
季節ごとに面白いイベントも開催されていて
Facebookもけっこう頻繁に更新されています(´∀`)b

3月中旬までは梅まつりが開催されていて
ロープウェイに乗車すると、ふんすいランドで甘酒(子どもはジュース)をいただけます(*ノ∀`*)
梅の開花情報などはFacebookをチェックです^^

大人も子どもも楽しめるスポットですので
ぜひ一度、行ってみてください☆

スポンサーリンク