福さん式実践記録!2人目妊活と妊娠生活がちょっぴり不安なママのためのブログ

2015年3月に息子(よっちゃん)を出産し、現在第二子妊娠中^^ 福さん式の妊活で実際に第二子を妊娠するまでと、妊娠してから出産までの記録ブログです。 育児をしながらの妊婦生活ならではの悩みと、お出かけ大好きな私が子連れで行ってみて良かったスポットをご紹介します! ☆趣味:バレーボール・合唱・書道・ドライブ ♡好きな有名人:竹下佳恵・林原めぐみ ☆職業:バリバリの正社員→憧れの音楽ホール職員を経て、出産を機に現在は専業主婦

私の出産記録日記。陣痛で入院するも微弱になり一時帰宅!車の揺れでスピード出産に?!

f:id:xv_sunflower_vx:20170221134550j:plain
2015年3月に息子を出産して、早いものでもうすぐ2年!
今度は着々と第二子の出産が近づいてきました・・・

何度経験しても(まだ一度だけどw)お産って緊張しますね><
最近は色んな人の出産日記を読んだりして、息子のときを懐かしんだり、2人目に思いを馳せたりしています♪

息子の時はけっこう稀な?お産の進み方を経験したので、忘れないうちに書き留めておこうと思います^^

スポンサーリンク


前駆陣痛?微弱陣痛?お産が止まるのはよくあること??

ネットや雑誌で陣痛について書いてある記事を読むと
「本陣痛」だけでなく「前駆陣痛」や「微弱陣痛」についての記述がよくありますね。

なんだかわかりにくく書いてあったり、赤ちゃんに負担がかかるように書かれてあったりして心配しちゃいますが・・・

ザックリいうと「前駆陣痛」は、臨月に入ってからの不規則なお腹の張りです。
「不規則な」という点が本陣痛とは明らかに違い
間隔が短くなっていくこともない「お腹の張り」です。

「これが前駆陣痛だ」と認識するかどうかはともかく
臨月の妊婦さんならたいていこの「前駆陣痛」は起こります。

私自身も、臨月に入ってからよく、お腹が張っていました。
お医者さんには、もういつ生まれても大丈夫だからお腹が張っても気にしないで、と言われていましたし
自分も早く赤ちゃんに会いたかったので、臨月に入ってからは、お腹が張っても安静にしたりしないで、気にせず動いていました^^

ただ、すぐに病院に行ける範囲で行動することだけは、心がけていましたよ☆

陣痛が来た日も、昼間はおうちの近くのカフェに行って、残りわずかな1人時間を楽しんでいました♡
f:id:xv_sunflower_vx:20170221143034j:plain
そしてその日の夜10時ごろ、いつものお腹の張りよりも、少し強めの張りを感じます。
しかも間隔もまぁまぁ規則正しいし、少しずつ短くなってる!

でもまだ比較的冷静で
先輩ママからは、日付が変わる前に病院に入ったらその分も入院の日数にカウントされる、なんて聞いていたので(これは病院によるみたいです)
病院に電話するのは、日付が変わってからにしよう、と現実的なことを考えていました笑

これまた先輩ママからのアドバイスを思い出し、とりあえずシャワーを浴びてサッパリして
このまま入院になっても大丈夫なように、お家を整えたりして過ごし・・・

そしていよいよ日付が変わる頃、ちょうど病院に電話する目安である15分間隔をきってきました。
隣で寝ている旦那を起こし、病院に電話。
15分を切っているなら、ということで、一度病院に行くことになりました。

病院に着いたのがAM2時頃。
意外と痛みにはまだ耐えれるレベルだったのですが
内診をしてもらうと子宮口は少し開いていて、陣痛もちゃんと来ていたので、このまま入院ということになりました。

ただ助産師さんからは
「まだまだ先は長いから、今は痛みと戦うことよりも少しでも寝て休むことを優先してね」
と言われ、さらに驚いたことに
「旦那さんも疲れちゃうといけないから、今日はいったん帰って寝てからお仕事行かれては?」と!
旦那もあっさり「じゃあそうします」と。

え、帰るの?!てか仕事行くの( ゚д゚ )??

でもあまりにもナチュラルな会話に、突っ込みを入れられなかったチキンな私w

そしてその言葉通り、旦那は帰ってゆきました・・・
そんなものなのかなぁ~~~~^^;?

一応実家の母に、陣痛で入院したことを伝え
頑張って寝てみようと思うものの、まぁ普通に痛いし、この中で寝れるほどではない・・・
ケータイ片手に「子宮口 開き具合」とかひたすら、検索していました笑

そんなこんなで朝になり。。。むしろ遠のいてきた陣痛(´゚д゚`;)

朝ごはんの頃には15分間隔に逆戻り・・・ご飯もちゃっかり完食できてしまう。
陣痛の波に戻ってきてもらうべく、病院内をウロウロしたり、階段を上り下りしたりスクワットしたり
あらゆることを試してみましたが、う~~~~ん^^;;;

痛いことには痛いのだけど、間隔は伸びていくばかりです。

お昼前に実母が心配して来てくれたのですが、けっこう平気そうな私を見て
「いったん帰る?」と。

助産師さんも、まぁこのまま病院にいてもボチボチは進むだろうけど
気分転換に帰宅してもいいよ、と。
いったん帰宅する人は、けっこう多いらしいです。

一時帰宅になるかどうかは
もちろん先生や助産師の判断、病院のベッドの状況、なにより妊婦さん本人の希望などで総合的に判断されるとのこと。

ちょうど母が車で来てくれていたこともあり
そのまま母の車で実家に帰ることになりました・・・

悔しくて残念なんだけどなんとなくホッとしたような。。。。

スポンサーリンク


結局何分間隔まで耐えるのがベスト?!車に乗る距離が長いなら早めに行動を!!

さて、私の母はいつでもマイペースなのですが、こんなときでもマイペースでした。

ちょうどこのとき、私の祖母(母の母)が病院に入院して闘病中で
出産後はいつ会いに来れるかわからないんだから、このままおばあちゃんの病院行こう!と車内で急に言い出しましたww

いや、まぁ、いいけどさ・・・
まがりなりにも陣痛来てるよ?けっこう痛いよ?
と思いながら、確かに、おばあちゃんにも会えるうちに会っておきたい!
ってことで、自分の病院を出ておばあちゃんの病院に。

なんで病院のハシゴしてんの私ww

車に揺られること約40分でおばあちゃんの病院へ。
もはや間隔を測ったりはしてなかったけど、なかなかの痛みとともに
時々うずくまりながら、病室へ到着。
すれ違う人に不審がられました^^;

そんな寄り道を経て、さらに車で30分揺られ、やっと実家に到着。
あんまり覚えてないけど、たぶん3時半か4時ぐらい。

病院に行ってから一時帰宅してしまうと
次は何分間隔になってから病院に電話するのか
すごく迷います!
f:id:xv_sunflower_vx:20170221145115j:plain

また行って帰宅とかなったらショックすぎるし
我慢ない妊婦さんとか思われても嫌だし^^;

なので私は病院を出てから、一度も陣痛の間隔は測りませんでした。
とにかく耐えれるだけ耐えよう、と笑。

でも結果的にこの判断はよくなかった(当然?;)

実家では2階のベッドで横になっていたのですが
やはりけっこうな痛みで、痛みの波の度にうめき声をあげていました。

ちょうどそのとき、1階に妹がいて
心配してそのうめき声の間隔を測ってくれていたようなのです。

ちなみにこのとき妹には生後3ヶ月の赤ちゃんがいました。
が、妹自身は帝王切開だったので、未知の陣痛に苦しむ姉を見てビビッていたそうです笑
余談ですが私にとっても帝王切開は未知なので、産後苦しむ妹を見てビビッていました笑笑

そしてついに妹が「お姉ちゃん5分間隔切ったけど大丈夫?」と。

もはや痛みで返事もできない私ww
え、5分間隔?!と驚く母。
すぐに母が病院に電話してくれたのですが

助産師さんからは
「どんなに痛がっていても妊婦さん本人からの電話でないと受けられません」と。
力を振り絞って電話を変わり、助産師さんと話しました。
もちろん即来て下さい、とのこと。

母親学級でも言われたことですが
陣痛が来たときは、その痛みの感覚だけでなく電話口での妊婦さんの様子などからも判断されますので
病院への電話は必ず妊婦さん本人がかけるようにしましょうね。

そしてまた車で病院へ・・・
向かうのですがちょうど夕方のラッシュの時間!

普通なら20分ぐらいで着くところ
またもや30分以上車に揺られる・・・

車内で力を振り絞り、旦那に連絡。
また陣痛が来たので病院に向かっています。との連絡に
「今から会議なんだけどすぐそっち行ったほうが良い?」
とノンキな返事。
「すぐきて」とだけ返しました(# ゚Д゚)

それで状況を察してすぐに向かってくれたようでよかったですが。

車内では母が、
車を運転しながら私の腰をさすりながら陣痛の間隔を測ってくれていました。
やはり頼りになるのは旦那より母かい!

やっとのことで病院に到着。
外来ぎりぎりの6時半でした。

でも私はもう自分では立てず、車椅子へ。
このとき陣痛はすでに2分間隔。
内診でも子宮口は9センチ開いているとのことで
陣痛室をすっ飛ばして分娩台へ~!!!

そうこうしているうちに旦那も無事到着!
でも何も出来ずにオロオロしてるだけ!笑

数回いきみ逃しをしただけで
じゃあ破水させるね~という先生の声とともに、破水!

てゆうかまだ破水してなかったんかい!笑

個人的には臨月に入ってからずっと、
いつ破水してもいいようにタオルを常に持ち歩いてたし
寝てる間にも破水しないかドキドキしてたのに
意外としぶとかった羊膜に冷静に驚いた瞬間でしたww

そして助産師さんに
「赤ちゃんの頭が出るから力を振り絞って~!」と言われ、振り絞る!!

頭が出たのは自分でもわかりました!
助産師さんも
「もう頭は出たから後は力を抜いてね~^^」

と言ってくれたのに
息子の肩がひっかかるww
男の子にはけっこうあることなんだそうです^^;

さっきは力抜いていいって言ったのに
「やっぱりもう一回最後の力振り絞って~!」
助産師さんwww

もうさっきので最後の力使っちゃったよーー(つД`)!

それでも何とかかんとか生まれました♡

6時半に病院に担ぎ込まれてから、約1時間の出来事でした(早w)

先生や助産師さんからは
車で産まなくて本当によかったよ、と^^;

私的には
結局ぎりぎりで駆けつけて最後の出産シーンしか見ていない夫が少し、悔しいです(o゚3゚)
私がこの日いちにちどれだけ苦しんだか、言ってもわからないんだろうなぁ~~~~

その後、友人の出産報告で
「30時間苦しんだけど旦那がずっと傍にいてくれた♡」
なんて話を聞くたびに、ちょっとうらやましい私です笑
(いや30時間は大変だけど;)

1人目の出産を振り返って、今度の出産で気をつけたいことは
まず夫には、長時間になりそうでも最初から最後まで傍にいて欲しい!
何より心強いですしね!もちろん母も頼りにはなりますけど!笑

陣痛間隔はきちんと測って早めに行動する!
当たり前のことですけども^^;

陣痛で病院に行って帰されたら嫌だなぁとか
ネット上には「フライング陣痛」とか「早く来すぎるお騒がせ妊婦」とか
マイナスなことも書いてあったりして
病院に行くタイミングを迷ったりしますが

助産師さんからは
お騒がせなんかじゃないから、自分が行きたいと思ったタイミングでちゃんと病院に来てね!
と言われて心強かったです。
内診してみないとわからないこともたくさんありますからね。

特に今回は2人目の出産ということで
経産婦は初産婦よりも早くお産が進むとみんなに言われるので
早めの行動を心がけます!

くれぐれも車内出産になりませんように!!笑

スポンサーリンク