福さん式実践記録!2人目妊活と妊娠生活がちょっぴり不安なママのためのブログ

2015年3月に息子(よっちゃん)を出産し、現在第二子妊娠中^^ 福さん式の妊活で実際に第二子を妊娠するまでと、妊娠してから出産までの記録ブログです。 育児をしながらの妊婦生活ならではの悩みと、お出かけ大好きな私が子連れで行ってみて良かったスポットをご紹介します! ☆趣味:バレーボール・合唱・書道・ドライブ ♡好きな有名人:竹下佳恵・林原めぐみ ☆職業:バリバリの正社員→憧れの音楽ホール職員を経て、出産を機に現在は専業主婦

2人目出産体験記☆突然の完全破水で急いで病院に!陣痛3時間でスピード出産!!

f:id:xv_sunflower_vx:20170724132400j:plain

前回のブログ更新から早1ヵ月・・・

いや~生まれました(。・∀・。)

無事に第二子を出産し、もうすぐ1ヶ月です。
あっという間の1ヵ月でした。。。

書きたいことは山ほどありますが
まずは忘れないうちに出産体験談を!


今回は私が恐れていた(?)いきなり完全破水からの出産となりました!

完全破水ってどんな感じ?!
その後お産はどんな風に進むのか?!

そして今回、自分なりのテーマでもあった「痛くない自然分娩」!

ソフロロジーヒプノバーシングを少しかじってみて、その効果はどうだったのか?!

まだ記憶が新しいうちに、まとめたいと思います!!

スポンサーリンク



突然の完全破水、兆候は?!尿漏れとの区別はつくのか??

今回の2人目出産、37週の検診で「もういつ生まれてもおかしくないね」と言われていて
今か今かと待っていたのですが

結局、予定日をあっさり過ぎ、前駆陣痛はあれども全くお産の気配がなく・・・

ついには誘発分娩のお話まで出てきた頃

それは突然にきました( *゚Д゚)*゚Д゚)

予定日超過4日目の夜。

相変わらずお腹は頻繁に張るものの、陣痛につながる感じではなく

今日もまた何事もなく過ぎていくのか~

なんて思いながら、息子を寝かしつけるために布団に入ったのが20時ごろ。

なかなか寝付かない息子を横目に、私のほうがウトウトしていたら


突然


パツンッ!!


と。

お腹の中というか股の奥のほうの辺りで

風船が弾けたような感覚がありました。

思わず「痛っ」と声に出てしまったぐらいの痛さでした。


たまたまママ友の1人が、寝ているときに破水してからの出産を経験していて

「お腹の中で風船が弾けたみたいな感じがして、すぐに羊水があふれてきた」

と言っていたのを覚えていたので
「もしやこれが噂の突然破水?!」と思ったものの

”すぐに羊水があふれて”くるようなことはなく^^;

あれ?気のせい??

でも何か、気になるし・・・と思ってとりあえずトイレへ行ってみると。


念のために当てていたナプキンに、少し血の混じった水?みたいなものが!


(*゚ロ゚*)ハッ!!これやっぱり羊水やん!!

と思った瞬間

シャーーーーーーっと流れ出てくる羊水(((゚д゚; )))!!(なんか生々しくてすみません;)


ちゃんと便座に座ってからでよかった~(*´∀`*)

じゃないわーー!ここから1歩も動けないよー!!

このまま羊水が出尽くしてしまったらどうしよ!!(((( ;゚Д゚))))


と1人で焦っていたら

まだ寝ていなかった息子(2歳3ヶ月)が
「ママどうしたの~?」と、トイレを覗きに来てくれて!!

神ー!天使ーーー・゚・(*ノД`*)・゚・!


すぐに「ママの携帯取ってきて!」と言うと

子供ながらに、ただならぬ様子を感じ取ったのか、大急ぎで取ってきてくれて
おかげで母(すぐ隣に住んでる)に電話を出来て、

何とか病院に向かうことが出来ました!


そんな訳で、突然破水の教訓。

前兆は、ない!油断禁物!!

臨月になったら常にナプキンは装着しておくべし!!


ちなみに前回の出産では、毎日のように「もしいま破水したらどうしよう」って考えながら
大きいナプキンも常に当てていたのですが

結局最後の最後まで破水せず、お医者さんによる人口破水になりました^^;

そのため、意外と破水ってしないんだなって思っちゃって、今回は完全に油断していたし
この日もたまたま何となくナプキンを着けていただけでした。

いやぁ、ナプキン、大事ですw


私は完全破水でけっこうな量の羊水が出たと思うので
尿漏れと間違うというレベルですらなかったですが

夜用ナプキンをしていたので漏れることもなく

ナプキンすごいなって思いましたww


あとで助産師さんに聞いたことですが、たとえ完全破水しても
病院に着く前に羊水が出尽くしちゃう!ってことはまず無いので

突然の破水になっても、慌て過ぎずに、落ち着いて病院に向かいましょうね^^

スポンサーリンク



破水からの陣痛の進み方って?!MINMIの「痛くない出産法」を実践してみた結果!!

さて、そんなこんなで即病院に向かうことになったわけですが。

破水したっていうものの、陣痛はほとんどなくσ(-ε-` )

まぁお腹は時々張ってますけども。っていう程度ww


主人はまだ職場だったため母の車で病院に向かったのですが

息子もまだ寝ていなかったので置いていく訳にも行かず、息子の子守として父まで同乗してくれて
なんだか大人数で病院に向かいました^^;

個人的には、陣痛がきたらかけたいCDとかも用意していたのに
残念ながら息子のリクエストでアンパンマンメドレーしか流せない車内(笑)

全然まだ陣痛ないんだけど~とか
談笑しながら呑気に病院に到着ww


病院に着いてからも陣痛はほとんどなかったものの
車を降りてからはずっと

1歩あるく度に羊水がジュワっと出てくるのがわかって
なかなか不快というか、怖い感覚でした・・・


病院到着後、まずはすぐに内診。

子宮口は2センチぐらい。やっぱり全然や~ん(´゚д゚`)

パッと見た感じで破水してることに間違いはなさそうだけど
念のため本当に羊水かどうかを確認(リトマス紙みたいのをつけて、一瞬でわかる検査でした)

そしてNSTで、お腹の張り具合もチェック。

破水の影響で赤ちゃんの容態が悪化していないかも見るため、長めにNSTをとりますと言われて
30分ぐらいしてたかな?

そうこうしているうちに旦那も到着。

まだまだ余裕で喋れる私^^;

突然破水したことや、息子が助けてくれたことなど、ひとしきり楽しく話しましたww


NSTも終わり、助産師さんの判断は

まだ本格的な陣痛にはなっていないのでお産まで時間はかかりそう。

だけど、破水してしまっているから帰すわけには行かないので、今から入院となります。


とのことでした。


息子は既に寝てしまっていて、車内で父と待機していたので、これ以上付き合わせるわけにも・・・ということで
両親と息子には帰ってもらって、主人にだけ付き添ってもらうことに。

時間は夜の10時ぐらいでした。


しかし即入院とは言っても、何せ陣痛がまだまだ・・・

でも破水してから時間が経つと感染症とかも心配・・・
24時間以内に陣痛が始まらなかったら、促進剤とかも考えますね、と言われました。


助産師さんに、どうやったらお産すすみますか?歩いたりしてもいいですか?
と聞くと

動くと羊水が出てしまうので、あまり動かないで、出来れば今は寝れるうちに寝てください。

との答え^^;


一人目のときは、陣痛が遠のきそうになったとき、めっちゃ歩かされたんですけど~~~~!笑

出来るだけ動かずにお産を進めるって、どうすれば~~~^^;?!


助産師さんの言葉通り、私たちに用意されたのは、痛みに耐える陣痛室ではなく
普通の和室(笑)

いきみ逃しグッズも一切無くて(まぁ逃すほどの痛みもないんだけどw)
お布団が敷いてあるだけで、どうぞ寝てくださいって感じのお部屋でしたww


あまりにも出来ることがないので、とりあえずトイレに行って

MINMIさんの本で読んだとおり
「早く出ておいでね~。ママはいつでも大丈夫だよ~~。」と、ひたすらお腹に念じるw
www.hutarime-ninshin.com

だ~んだん、いい感じにお腹が痛くなってきて!

その度に


「上手じょうず~!いい感じだよ~!右回りだよ~!」
とますますお腹に念じる!

主人はちゃっかり寝ていたので、声には出さずに念じるだけ^^;


そうこうしているうちに、11時を過ぎる頃には10分間隔を切るぐらい!
お腹の張りも、寝てられないぐらいになってきて!


その後、様子を見に来てくれた助産師さんに
良い感じに陣痛が来てて、寝てられないぐらいになってきました、と言うと

じゃあ一度、内診してみようか!と^^

いったん分娩台に移動して内診してもらうと

子宮口は3センチぐらい。。。あれ?!まだまだじゃん(´・ε・`)チェ


でも陣痛が来たなら一気に進むかもしれないし
お尻を押されるような感覚になってきたら教えてね!と言われ

また和室に帰されましたw


これが深夜の0時ごろ。


和室に戻ってから、相変わらずお腹が張る度に赤ちゃんに話しかけながら

お尻を押されるような感覚か~
そういえば一人目のときもそんな感じだったな~
ていうか、あれ、今まさに、
お尻押されてるみたいなやつ来てる~?!

だんだん本当に、内側からお尻を押されてるみたいになってきて

赤ちゃんへの語りかけ

プラス

ソフロロジーの本で読んだ「長い深呼吸」
お腹の張りをやり過ごしました。
www.hutarime-ninshin.com

0時半を過ぎた頃にまた助産師さんが見に来てくれて

「お尻押されるような感じなってきました!」と嬉しそうに報告w

落ち着いてるね~と談笑しながら
次の張りが来たタイミングで

助産師さんが腰を支えてくれるというか、お尻を押してくれるというか

なんていうかこれがもう!

辛いのがめっちゃマシになった!

助産師さんすごい!まさにゴッドハンド!!


前回の出産では、陣痛に耐えすぎて病院に着いたときにはほぼ全開、即分娩台で
陣痛室も助産師さんのゴッドハンドも未体験だったんですよね(´・∀・`)笑


そして次のタイミングで助産師さんがそのゴッドハンドを主人にも伝授。


さらに次のタイミングで主人がゴッドハンドに挑戦!

「全然ラクにならん~もっと強く~なんか違う~」
とゴネまわる私ww


結局、主人の出番はその1回だけで(笑)、ずっと助産師さんが助けてくれて
と言ってもそれで数回の張りをやり過ごしただけで

ちょっともう1回、内診させてね

と言われたのが午前1時ごろ。


今度は和室のまま、主人を追い出して内診。


子宮口は5センチぐらい、と言われ

まだまだか~

と思ったら

部屋移動しよっか!と。


てっきり初の陣痛室に行くのかと思いきや

まさかのいきなり分娩台!!


「え、もう分娩台ですか?子宮口5センチなんじゃ・・・?」
と聞くと

「子宮口は5センチだけど、赤ちゃんがいい感じに下がってきてるからね^^」

との答え。


そんなこともあるんですね~(´・∀・`)


分娩台に乗ったのが1時15分頃。


そこからは本当もう、あれよあれよと言う間に

何度かいきみを逃してたら

助産師さん「いきみたかったら、いきんでもいいよ!」

私「え、もういいんですか?!」

助産師さん「いや、まだ逃せるなら深呼吸で逃してほしいけど」

私(心の中)「どっちやねん!!!」


なんてやってるうちに、いつの間にか先生(産婦人科医)も登場した!

え、ほんとにもう出てくるの?!早くない?!


もちろんこの間もず~っと、張りがくる度お腹に話しかけながらの深呼吸です。

助産師さんによると、落ち着いて深呼吸できていたから、いきまなくても自然に赤ちゃんがどんどん降りてきていて
だからもういきんでも良いぐらいの位置だけど、いきまなくても赤ちゃんが自分で出てこようと出来ていたみたいです。

やっぱり赤ちゃんってスゴイ!


MINMIさんの本や、ソフロロジー、ヒプノバーシングをかじってみて

お産の間は「痛い」って言わないぞ!と決めていた私ですが。


ここまでの間はずっと「痛い」とは言わずに出来ていたのですが
(「ちょっと待って」とか「無理~」とかぐらいは言ってました^^;)


ついに最後、赤ちゃんが出てくる瞬間だけは、やっぱり「痛い痛いー!」って、言っちゃいました( ;´ω`)

うーむ、修行が足りませんなw

とはいえ実際、赤ちゃんの頭がけっこう大きかったみたいで(検診では小さめって言われてたのに!)

しかも最後、頭が一気に出ずに股に挟まってしまったようで(想像するだけで痛い)


そのときはさすがにめっちゃ痛かったし
息子のときはもっと簡単に出てきたのに~!!って思いました(←でもたぶん思い出補正ww)


最後に頭が挟まってしまったから、赤ちゃんも苦しかったみたいで、
出てきた赤ちゃんは顔色が悪く見えて、

第一声は思わず「ごめんね~苦しかったよね~」と言ってしまいましたが


でもすぐに元気な産声を上げてくれて

午前1時54分、感動の対面となりました。


破水したのが20時半ごろ。

本格的な陣痛が始まったのが23時ごろ。

分娩台に移動したのが1時過ぎ。

そこから約40分でのスピード安産でした。



今回、自分の中のテーマだった「痛くない自然分娩」を自分なりに心がけてみて
その効果は、ものすごく実感できました!!


特にMINMIさんの言われていた「赤ちゃんへの語りかけ・応援」

これは本当に、自分自身も励みになったし

先に破水してしまって動けない中でもどんどんお産がすすんだのは、間違いなくこの語りかけが良かったからだと自分では思っています。

赤ちゃんと一緒にお産を出来た!という一体感は何とも言えず、感無量でした。


ソフロロジーやヒプノバーシングで言われていた「リラックスした深い深呼吸」も
意識するだけで痛みは本当に軽減されました。

助産師さんにも、最後まで落ち着いて良いお産ができたね。と言われました^^


個人的には最後はちょっと取り乱してしまったので
もし3回目の出産があるなら、もうすこしソフロロジーやヒプノバーシングもしっかり学んで実践できたらいいなって思います。

ソフロロジーの本によると、最後までいきまずに赤ちゃんの力だけでお産をするので
出てきた赤ちゃんは生まれた瞬間から顔色もすっごく良いのだそうです。


本当にそんなこと可能なのかな?!

今回、生まれた赤ちゃんの顔色が苦しそうに見えたことだけが可哀想だったので
本当にそんなお産が出来たら赤ちゃんにも優しいだろうなって、心底思います。



そんなこんなで反省、感動、たくさんあった出産だったけどとっても素敵な体験になりました。

よく言われる
「感動で痛みがふっとんだ」というよりは

「痛みよりも感動のほうが圧倒的に大きかった」と自信を持っていえます。


難しい理屈はさておいても

赤ちゃんへの語りかけと応援

深い深呼吸でリラックス

この二つは間違いなく、お母さんにとっても赤ちゃんにとっても良いお産に繋がると確信できました。

これから出産される方はぜひ、心がけてみてください^^素敵なお産になりますように♡




★こんな記事も読まれています★
www.hutarime-ninshin.com
www.hutarime-ninshin.com
www.hutarime-ninshin.com
www.hutarime-ninshin.com


スポンサーリンク