エレビット葉酸サプリは妊娠中いつまで飲むべき?過剰摂取には注意!

バイエル薬品と言う製薬会社が販売している「エレビット」という葉酸サプリ。

病院でサンプルを見たことある人も多いのではないでしょうか?

テレビCMもしているし、飲んでいる人も多い葉酸サプリかと思います。

特長の一つとして、葉酸が800μg配合されていますが、だからこそ摂取の時期には注意が必要です!

妊娠中いつまで飲むべきなのか?いつ頃から過剰摂取に気を付けたら良いのかをまとめましたので

エレビットのやめ時の参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

エレビットはいつまで飲んだらいい?葉酸の過剰摂取は危険なことも!

エレビットの特長は何といっても、葉酸が800μgも入っていること!

厚生労働省が推奨している量は400μgで、ほとんどの葉酸サプリの配合量も400μgになっているため

エレビットはその倍も配合されていることになります。

 

そのことを知らずに飲んでいる人はちょっと注意が必要です✋

 

バイエル薬品によると、

1日の葉酸摂取上限量は1,000μgで、かつ葉酸は水溶性ビタミンだから

余ったな分は尿と一緒に排出されるから過剰摂取の心配はない、とのことですが・・・

 

そもそも厚生労働省が定めている、妊活中~授乳中までに必要な葉酸の量は以下の通りです。

非妊娠時 240μg
妊活中~妊娠初期 240μg+サプリメントなどから400μg
妊娠中期~後期 480μg(食事・サプリメント問わず)
授乳中 340μg(食事・サプリメント問わず)

妊娠初期までは、非妊娠時の240μgに加えてサプリから400μgが必要と言われているため

多くの葉酸サプリは配合量が400μgなのですね。

 

妊娠中期や授乳中も、非妊娠時よりは多くの葉酸が必要とはいえ

エレビットの800μgがいかに多いかがわかってもらえると思います。

 

もちろん、摂取上限は1,000μgだし、葉酸は水溶性なので、バイエル薬品の言っていることも正しいのです。

 

ただ、妊娠後期に葉酸を過剰摂取すると小児喘息の発症リスクが高まるという研究結果もあり、

例えば葉酸サプリのプレミンは、余計なものを摂取しないよう、妊娠中期以降は葉酸の配合量を少なくしている程です。

⇓プレミンの詳細はコチラ⇓


どんな栄養素もですが、摂れば摂るほど良いという訳ではないとは思うので

特に妊娠中や、小さな赤ちゃんのことを考えると、摂りすぎるよりは過剰摂取にも気を配った方が良いと考えます。

スポンサーリンク

妊娠中期以降にエレビットは続けるべき?他の葉酸サプリを検討してみよう!

個人的には、厚生労働省の出している必要量を見るとやっぱり、授乳が終わるまでは普段の食事にプラスして葉酸サプリを飲みたいけど、

葉酸が800μgも含まれているエレビットを、妊娠中期以降に飲み続けるのは少し不安だと思います。

 

バイエル薬品の公式サイトにも、いつまで飲むべきか等は書かれておらず

妊娠中期以降の積極的な服用はすすめていないのかな、と感じられます。

 

もちろん、赤ちゃんが危険だ!とか、健康被害が出る!ということではないとは思うのですが

赤ちゃんのために飲んでいる葉酸サプリで、少しでも不安になってしまうのは意味がないなぁと。。。

 

どうせ飲むなら、授乳中までの服用を勧めている葉酸サプリもたくさんありますので

そっちに変えた方が安心して飲み続けられますよね^^

 

具体的におススメの葉酸サプリですが、もしあなたが妊娠16週以降なら、

さっき書いたプレミンがピッタリの時期なのでそれに変えるのもイイですね✨

 

定番の人気商品ならベルタ葉酸サプリだし、

私が実際に飲んでみて良かったなと思うのは今のところALOBABY(アロベビー)葉酸サプリです☆

アロベビー 葉酸サプリ

それかコスパで選ぶならAFCのmitete葉酸サプリ

 

他にもコストや成分など詳しく比較してみたい人はぜひコチラを読んでみてください^^

葉酸サプリって本当に必要?!妊活中~妊娠中、授乳中まで自分に合った葉酸サプリを飲もう!!

 

生まれてくる赤ちゃんのために葉酸サプリを飲んでいるのだから

同じ飲むなら、本当に安心して飲み続けられるものを、選んでくださいね(*^-^*)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください